今回は、お祓いの重要性についてお話させていただきたいと思います。

私が いろいろな霊符や梵符を手掛けているときに気が付くことがあるのですが。
それは、霊符や梵符の中で生霊や悪霊退散の祓い符がとても多いことに驚かされます。
先人の人たちは、お祓いの重要性を知り数多くのお祓いの符をつくりだしたのではないでしょうか。
今、扱っています梵符や神仙霊符などは、三千符以上ありますが、その四割ぐらいが生霊と悪霊除けの護符になっているのに驚かされます

生霊(人の恨み)、死霊、悪霊の影響を受けながら暮らす現代人にとっても、お祓いは非常に必要なことだと気付かされます

お祓いをしたからと言って運気が上がるわけではありませんが、邪魔されているものを取り除くことにより 本来の自分の運気が出せるのではないかと思います。

暦(こよみ)の中の6月30日と12月31日の欄に お祓いと記されていますが、年に最低でも二回は、お祓いをしなさいと言っています
私の思いといたしましては、お祓いは毎日しても良いのではと思っています。

HPの梵符の中にも霊や家を簡単に祓う 祓いうちわを用意しましたので宜しければご利用いただければと思います。