【現世利益】密教呪術とはなんなのか?

密教って何?呪術って何?

こんにちは!

今回は密教呪術とはなんなのかということを解説していきたいと思います。

密教や呪術というと、初めての人は、「えっ?」っと思わず声が出てしまうかもしれません。

「密教って何?」

「呪術ってなんか怖い。呪いですか?」

「おふだで開運なんかできるのですか?」

「何かの新興宗教ですか?そういうのは嫌です。」

このようなことをよく言われます。

まあしかし、これは仕方がないことだと思います。

人は、自分が知らない分野にはなかなか入り込めないものです。

そもそも今の人は、そのような信仰心がない人もいらっしゃいます。
もちろん、そのことを悪いと言っているわけではありません。

むしろ、今の神社や寺と、一般の人との関係が薄れてきてしまっているので、仕方がないことです。

伝えることができる人が少ないですし、発信している人も少ないです。

そこで私、綾乃聖晃は今まで40年以上携わってきた密教の知識や経験を、どんどん発信していこうと決心をし、このホームページを立ち上げました。

(綾乃聖晃がどんな人間なのか知りたい人はこちら

あなたが、少しでも密教について知り、自分の願望を叶えたり、悩みを解決したりすることができるように、力になりたいと思っています。

高野山 金堂

密教とは?

密教(みっきょう)と聞くとあまりピンとこない人が多いのではないでしょうか。

密教とは仏教の中の教えのひとつで、平安時代に弘法大師(空海)が伝えた教えです。

空海(くうかい)は、その後、高野山を本山として真言宗の開祖となりました。

平安時代の仏教は、大きく顕教と密教に分けられます。

この二つの一番大きな違いは目的です。

顕教は心の悟りを開くことを目的としているのに対し、密教は現世利益(げんぜりやく)を目的にしています。

現世利益とは、今生きているこの世で利益を得たり、願望を叶えたりすることです。

(極楽浄土に行けるとか、来世で幸せになれるとか、そういう教えではありません。)

これを言うと、意外に驚かれる人が多いです。

おそらく、仏教のイメージの問題ですね。

日本のお坊さんは悟りを開くためにお経を唱えたり、滝に打たれて修行したりする。

自分の私利私欲を満たすために仏様に祈るなんてバチ当たりである。

と、思っている人は多いからです。

別にこの考えや、やっている人が間違っているわけではありません。

ただ、仏教の中にも様々な教えがあるということです。

密教が他の仏教と大きく違うところ

密教の最大の特徴は、上でも書きましたが現世利益(げんぜりやく)を得ることを目的にしている点です。

現世利益とは、今生きているこの世で、願望をかなえたりすることです。

来世で幸せになるとか、そういうのではなくて、あくまでも今の世で、仕事を成功させる、結婚する、病気を治すといったことを行います。

呪術とは?

そして、密教が目指している現世利益を得るために、願望を強く念じて仏様に願いを届けるのが呪術です。

呪術というと、怖いものだと考えている人が多くいます。

呪い(のろい)という字が入っているので、わら人形や黒魔術といったものをイメージしてしまうからです。

これは、テレビの見すぎです。(笑)

本来は、仏様にお願いして病気を治したり、子供が生まれない夫婦に子供を授けるようにしたり、お金に困っている人に大金運をつけたりと、人を救うためにするものです。

全く恐れる必要はないです。

現代は、西洋医学がかなり普及しているので、わからないかもしれませんが、昔は呪術で病気を治したり、人からの恨みの念を除けたりすることが普通に行われていたのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

わかりにくい方もいると思うので、簡単にまとめます。

密教とは、

・今この世での利益や願いを叶えて人々を救う、という教えである

・利益や願いを叶えるために、呪術を使って仏様に願いを届ける

という仏教の中の教えです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする