潜在意識とは、自分が自覚することなく、行動や考え方に影響を与える意識のことで

よく無意識とも言われます。

 

この潜在意識を医学では、自律神経とも呼ぶこともあります。

 

神経と言いましたが、人間の神経は大まかに2つに分かれます。

1つは脳で考えて行動する神経と、もう1つは脳で考えても動かせない神経です。

脳で考えても動かせない神経とは、例えば、心臓などを動かしている神経のことで

脳がいくら「心臓止まれ」と思っても、心臓は止まりません。

 

 

 

なぜ急に医学的な話になったのでしょうか?

実は、この潜在意識というのは密教と大きなつながりがあり、

むしろ根幹であるとも言えます。

 

密教では潜在意識=魂の思いなのです。

この魂の思いが、仏様の力を引き出す元になっているのです。

以前から何回も言っていますが、仏様の力をもらうには陽気な心、

つまり、前向きな気持ちを持つことが重要です。

 

そして、その気持ちをどこに持つべきなのかというと潜在意識の中なのです。

 

もう少し、潜在意識について説明しましょう。

私の今までの経験の中では、脳で考えて動かす神経は10%くらいしかありません。

残りの90%が潜在意識になります。

事実上、人を動かしているのは、潜在意識であることにほとんどの人が気が付いていません。
全てを脳で考え、脳で動かしていると思っているのです。

 

例えば、あがり症の人が友人の結婚式でスピーチを頼まれたとしましょう。

いざ前に出てみると、マイクを持つ手がガタガタと震えていて、声も震えてしまいます。

この時、脳は必死に「落ち着け!」と命令しているのですが、手は全く言うことを聞きません。

そして、しどろもどろでスピーチを終え、席に戻ってビールのグラスを持ったときには、もう手は震えていません。

 

この経験をした人は多くいるのではないでしょうか?

 

これは日頃から脳が、「私は人前に出るとあがってしまう」と考えてしまっているからです。

すると、その状況になった時に、潜在意識は忠実に動き、あがってしまうのです。

裏を返せば、普段から脳で素晴らしいことを考えていれば、自然と良い方向へ向かうということです。

 

そして、先に述べたように、潜在意識=魂の思いで、魂の思いは仏様とつながっています。

つまり、潜在意識に前向きな気持ちや考え方を入れることにより、その思いは仏様につながります。

 

私のところに来る人の中に、「この仕事は、上司や先輩がうまくいかなかったから自分がうまくいくはずがない」

と言う人がよくいますが、「自分には出来ない」と思えば絶対に出来ません。

逆に「自分にしか出来ない!私にやらせてほしい」と思えば、潜在意識に取り込まれ

いろいろなアイデアや方法が浮かんでくるのです。

 

このように自分にしか出来ないと自信を持つことで、魂を通して守護神(仏様)に働きかけて、

守護神(仏様)の力を引き出すことができて成功できるのです。

世の中で成功するかしないかは、自分の心(潜在意識)がどう考えるかによって決まるのです。

前向きに自信を持って進めば、必ず成功の道は開けてくるのです。

ぜひ、仏様の力を自分のものにして大きく羽ばたいていってください。