お稲荷様と水神様は場所に宿る

こんにちは!

今回は、今までに私が経験した神々の祟りについて話していこうと思います。

あるビルオーナーの話

ある時、私の知人からの紹介で、あるビルのオーナーから相談を受けました。

話を聞くと、そのオーナーは家族全員が全て災いだらけで困っているとのことでした。

是非、視てほしいということで、現場に出向きました。

そのビルは都内にある、ごく普通の5階建てのビルでした。

とりあえず入ってみたところ、肩に大きな岩を乗せられたような感じになり、何か浮遊霊や邪鬼のような怖い感じではなく、とても大きな力で抑えられた気持ちでした。

霊視もしましたが、原因はよくわかりませんでした。

実は、お稲荷様の跡地だった

その後、ビルのオーナーともよく話をして、状況を聞くと、二年前にここへビルを建てて引っ越してきたが、それからというもの何をやっても失敗続きで、病気にけがにあらゆる災いが降りかかったような感じとのことでした。

いくら霊視しても、よくわからない状況で、何かはある。

これは土地からくる祟りに違いない、と思いまして、近隣の方にこの土地のビルを建てる前の状況を聞いて回りました。

中々わかる方に出会えず、困り果てたところで、小さな駄菓子屋のお婆さんから話を伺うことができました。

なんと、この土地は、もともとお稲荷様があった場所で、地上げ屋が購入して、更地にして売却したとのことでした。

ようやく謎が解けました。

神様だったからいくら霊視しても見えなかったわけです。

すごい重圧で抑え込まれたのもお稲荷様だったからです。

お稲荷様へ謝罪

さて、災いの原因は分かったわけですが、これをどう解決するかという問題がなかなか難しく、普通ですと、売却して引っ越しなさいというアドバイスになります。

しかし、売却しても、次の所有者になる方が同じような状況になると考えると、提案しづらいと思いました。

そこで、オーナーさんに、今の手持ちの資金を伺いました。

およそ、1500万円ほどとのことでした。

では、500万円くらいかけて、このビルの屋上にお稲荷様の御社を建てませんか?と提案しました。

オーナーさんは、それで災いが消えるのでしたらと承諾していただき、御社を建てることになりました。

その後、何度も現地へ行き、お稲荷様へ、

「ここに御社を建てさせていただきますので、どうぞこちらにお移りください」

と何度もお願いしてから、御社を建てたのです。

建てた後に、御霊招来をさせていただき、その後も何度もお伺いして、お稲荷様に謝罪をしました。

するとだんだん災いが少なくなり、三か月を過ぎたころには、ほとんどの災いが消えたそうです。

災いが消えただけではない!?

しかし、お稲荷様の場合は、災いがなくなっただけではありませんでした。

オーナーさんの息子さんは、結婚されていたのですが、なかなか子宝に恵まれずにいました。

だが、なんと、息子さん夫婦が第一子を授かったのです。

さらにオーナーさんはやっている事業が急発展し、非常に驚いていました。

お稲荷様と水神様は’場所’に宿る

様々な神々のなかで、その地に宿る神がいます。

それは、お稲荷様と水神様です。

ですので、その土地を荒らしたり、壊したりすると、このような形で災いが現れます。

建物を建てるために、土地を買う場合は、その土地が以前は何であったかを、十分に調べたうえで購入することをお勧めします。

しかし、このような神々を敵にまわすのではなく、自分の守護神にしますと、驚くほど自分の人生が向上し、いい方向へと向かっていきます。

実際に、大きい邸宅を構えている、地元の名士の方が近所にいらっしゃったら、庭を覗いてみてください。

立派なお稲荷様を祭っている方が多いです。

社会的に成功して、代々繁栄している家には、きちっとそれなりの理由があるのです。

お稲荷様と水神様は’場所’に宿ります

コメント

タイトルとURLをコピーしました